愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ユナイテッド93 17:03
評価:
Amazonおすすめ度:
21世紀の幕開け
心に空いた穴の大きさは
真実は依然「藪の中」だが
2006年
監督/脚本:ポール・グリーングラス
出演:デヴィッド・アラン・バッシェ、リチャード・ベキンス、スーザン・ブロンマート、レイ・チャールソン、クリスチャン・クレメンソン、ハリド・アブダラ、ルイス・アルサマリ、ベン・スライニー、ジェームズ・フォックス少佐、グレッグ・ヘンリー

“9・11”という現代アメリカ最大のトラウマを扱うにあたり、極力、製作者側の主観を排除することに腐心した形跡は窺えるし、それは最大限果たされていると思う。誰も傷つけない、どこからも文句を言わせないようにするには、この選択しかなかったのかもしれず、政治的な配慮、ある種のしたたかさは完璧であった。そういった意味であの事件の記憶、誤解を恐れずに言えばあの“興奮”をまざまざと蘇らせてくれる資料的価値というのは大いにあるだろう。ただ、やはり良くも悪くも出来のいい“再現ドラマ”との印象は否めない。しかしながら、それが本作の価値を下げている本質的な問題なのかといえば、それも違う。

そもそもポール・グリーングラス監督は、本作が100年後も映画史に燦然と輝く傑作たりうるものだとはさらさら考えていない筈で、仮に本作が良く出来た再現ドラマだからと言って、その批判は的の端を射抜く程度だろう。おそらく、彼がやっていなければ、いずれ他の誰かがこのような作品をつくったであろうことは容易に想像つく。すなわち、陳腐な言い方をすれば時代の必然であり、むしろ5年の歳月を経てようやくアメリカはあの事件と正対する覚悟を決めたのではないか。そう考えると、“映画”としてこれ以上の要求はすこし酷な気がしてくる。ともかく、風化するということはさすがにないと思うが、テロ特措法で紛糾する今だからこそ、本作はさっさとテレビ放映でもした方がいい。
| 映画 ヤ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
血と骨 19:56
評価:
Amazonおすすめ度:
えげつない
つまらない
いっちゃう
2006年
監督:崔洋一
脚本:崔洋一、鄭義信
原作:梁石日
出演:ビートたけし、鈴木京香、新井浩文、田畑智子、オダギリジョー、松重豊、中村優子、唯野未歩子、濱田マリ、柏原収史、塩見三省、北村一輝、伊藤淳史、國村隼、寺島進

なるほど、こういうのを“力作”と呼ぶのでしょう。コメンテーターとしての崔洋一氏には胡散臭いものを感じていますが、さすがに本業ではしっかりお仕事されています。長尺でありながら、それを感じさせない緊張感の維持はなかなかのもの。むっつりと下から睨みつけてくる北野武はそれだけで怖い。ただ、惜しむらくは暴力描写がそれこそ北野監督の作品や、例えば井筒和幸監督ほど上手く撮られていないこと。もう一つ残念なの本職でない濱田マリさんがあんなに頑張ったのに京香様ときたら……。そりゃないぜ、って気持ちでいっぱいです。
| 映画 タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
楽日 17:19
2003年
監督/脚本:ツァイ・ミンリャン
出演:チェン・シアンチー、リー・カンシェン、三田村恭伸、ミャオ・ティエン、シー・チュン、ヤン・クイメイ、チェン・チャオロン

眼前に横たわる現実、すなわち老舗映画館の閉館という現実が先にあり、それを追走するかたちでつくられた作品である、という予備知識はあるにはあった。が、さしてセンチメンタルな気分にさせられるでもなく、いかにもツァイ・ミンリャンらしいテンポで綴られていくそれは、90分という時間が果たして必要だったのだろうか。仮に30分であったとしても、彼ほどの力量を持つ監督であるなら、より鋭利さを増したものをつくれたような気がしてならない。通俗性を拒否しながら、世界基準としての商業映画の尺に縛られているのは、ある種ダブル・スタンダードな態度とは言えないだろうか。それすらも破壊する気概を見せてほしかった。
| 映画 ラ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
デート・ウィズ・ドリュー 17:10
評価:
Amazonおすすめ度:
憧れる力
実話かな?
“頑張れ!ボンクラ”と思わず応援したくなる(笑)、これもまた恋愛映画の傑作。
2004年
監督:ブライアン・ハーズリンガー、ジョン・ガン、ブレット・ウィン
出演:ブライアン・ハーズリンガー、ジョン・ガン、ブレット・ウィン、ケリー・デヴィッド、エリック・ロバーツ、コリー・フェルドマン、ドリュー・バリモア

「おれの父ちゃんの部下の弟の奥さんが倖田來未の後ろで踊ってるんだぜ」みたいなコネと、クイズ番組のパイロット版で得た賞金約10万を利用してスター=ドリュー・バリモアとデートしようってなボンクラ企画。なんだか『電波少年』を思い出します。いい線いってるとは思うんですが、この職無し、金無し、彼女無しのブライアン・ハーズリンガーって人のボンクラ度がちょっと弱いんですよね。私に言わせればいい友達がいるじゃねえか、と。そこそこ幸せじゃねえか、と。本当のボンクラってのはこんなもんじゃねえよ、と思うわけです。だから素直に彼を応援してやれなかった。まあ、これはボンクラ側に属する私の個人的な問題なんでしょうが。

そもそも駄目もと企画なわけですから、彼もふざけ半分で体を鍛えてみたり、仮想デートをしてみたり、本筋とはややかけ離れたところで遊んでいるわけです。このあたりの中途半端さがエンタメ企画としてあまり面白くない。だってただ単にドリューと会いたいだけならカメラ回す必要なんてないわけで、少なくとも当初から一つの企画モノとして作品にしようとしているわけですから、とことんバカやってくれなくちゃ。よく考えてみたらデートって目標からして中途半端ですよね。どうせならヤリ逃げしてやるぐらいの覚悟は欲しい。百歩譲って唇を奪うくらいでもいいや。そいでSPにブン殴られて前歯が折れてこそ真のボンクラってもでしょうよ。違いますか!?ああ、違いますか……。
| 映画 タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
サンキュー・スモーキング 16:21
評価:
Amazonおすすめ度:
決して、つまらなくはないけれど、、、
ちょっと中途半端???
ロビーストの仕事
2006年
監督/脚本:ジェイソン・ライトマン
原作:クリストファー・バックリー
出演:アーロン・エッカート、マリア・ベロ、キャメロン・ブライト、アダム・ブロディ、サム・エリオット、ケイティ・ホームズ、デヴィッド・コーチナー、ロブ・ロウ

筒井康隆氏の『最後の喫煙者』がいよいよ現実のものとなるつつある昨今、私のような喫煙愛好家にとって肩身の狭い世の中となっています。わかっちゃいるけどやめられない、いや、やめる気など毛頭ないのですが。まるでマイケル・ムーアが得意とする茶化したような、オープニングのお遊びからいかにも“アメリカ”の匂いを感じさせる。ちょっと説明しづらいんですが、この感覚って『アメリカン・ビューティー』とどこか似ている。

主人公ニックは各タバコ会社が出資している「タバコ研究アカデミー」の広報部長としてメディアに露出し、四面楚歌的状況の中で獅子奮迅、八面六臂の活躍を見せて批判の声を軽やかに退けるという仕事、すなわちロビイストを生業としているわけです。しかしながら、猛烈サラリーマンのお約束として家庭には問題山積。ほとんど唯一彼を慕う一人息子は新しい男と暮らす元妻と彼の間を往復する日々を送っている。表面上、非常に面白い職業、題材を扱っていながら、普遍的なテーマとして父子の絆が物語りを牽引していくわけですね。このあたりなんてまさに『アメリカン・ビューティー』を想起させますが、でも違うんだよなぁ、冒頭10分くらいでそれを強く感じたので。

「ああ言えば上祐」なんて言葉がかつてありましたが、ニックをはじめ彼と同様の立場を務める武器業界の男と酒業界の女を含むロビイストたちの屁理屈も一つの見所。タバコのパッケージにドクロマークをプリントするか否かを巡っての珍攻防が本作のクライマックスとなっているわけですが、残念なのはウィリアム・H・メイシー演じる上院議員のディベート能力があまりにも低いのが盛り上げをやや削いでいるかな、と。尺も93分と程よい。
ともかく、がんばれJT!!
| 映画 サ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
パフューム 19:13
評価:
Amazonおすすめ度:
気持ち悪い〜
後半のファンタジーはいただけない・・・?
面白い、おもグロい、おもエロい
2007年公開
監督:トム・ティクヴァ
脚本:アンドリュー・バーキン、ベルント・アイヒンガー、トム・ティクヴァ
原作:パトリック・ジュースキント
出演:ベン・ウィショウ、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード・ウッド、コリンナ・ハルフォーフ、ジョン・ハート、カロリーネ・ヘアフルト、デヴィッド・コールダー、サイモン・チャンドラー、イェシカ・シュヴァルツ

生々しいオープニングに始まり、“匂い”という視覚的に描くことが困難な題材を扱いながら、しかも荒唐無稽な着地を試み、それが見事に決まっている。ダスティン・ホフマンの店を飛び出してからがややもたつきを感じさせるが、それを差し引いても素晴らしい出来。突出した才能を持つ、いわゆる“天才”のストイックな求道精神の前では倫理観も霞み、それはやがて我々観客の嫌悪感を霧散させ、いつしか彼に肩入れしてしまう仕向けられる。物語中盤で明かされる彼の特異体質という設定もある種、動機の遠因として思わず納得してしまうもので、これまた上手い。またラストにおいては言うに及ばず、前代未聞の人殺しが心血を注いで完成させた香水が、世界を愛で包むという展開の皮肉も、画面を覆う無数の裸体によって映像ならではの説得力を有した。魅力的な原作の幸福な映像化となったことを喜びたい。
| 映画 ハ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
300 <スリーハンドレッド> 22:52
評価:
Amazonおすすめ度:
大迫力!!!
なんだ、これ?
やっぱり買ってよかった
2007年
監督:ザック・スナイダー
脚本:ザック・スナイダー、マイケル・B・ゴードン、カート・ジョンスタッド
原作:フランク・ミラー、リン・ヴァーリー
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー、ヴィンセント・リーガン、トム・ウィズダム

いいですねぇ、こういう“女子供はすっこんでろ映画”。『三国無双』の実写化って言われたら納得してしまいそうです。象とか出てくるし。クリーチャーや忍者軍団みたいなのが妙にゾンビっぽいヴィジュアルだと思ったら『ドーン・オブ・ザ・デッド』の監督さんだったんですね。なるほど、あれもよくできた血みどろアクションでしたからね。もう戦闘シーンがいちいちカッコイイ。とは言うものの、どれも画的なスタイリッシュさであって、それ故に戦闘シーン以外がことごとく退屈なのが残念。今年の映画だと『トランスフォーマー』の楽しみ方と近いですが、驚嘆度では向こうに軍配、血湧き肉踊る度ではこちらに軍配、といったところでしょうか。

| 映画 サ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
西瓜 21:44
評価:
Amazonおすすめ度:
シュール+エロ+純愛。 乾いた生活に
2005年
監督/脚本:ツァイ・ミンリャン
出演:リー・カンシェン、チェン・シアンチー、ルー・イーチン、ヤン・クイメイ、夜桜すもも

手法そのものは『ダンサー・イン・ザ・ダーク』が見せた“飴と鞭”のような印象を受けるが、まがりまりにもミュージカル映画としてドラマ・パートとミュージカル・パートの繋ぎ目がスムーズだった『ダンサーーー』に比べ、本作の力技とでも言うべきそれはバカバカしさという強度において突出している。後だしジャンケンとは言え、個人的にはこちらに軍配を上げたい。まずオープニング、女が股間に挟んだスイカの画から笑わせてくれる。スイカと性を融合させたこのセックス・シーンは凡百のピンク映画を一蹴するほどの強烈なインパクト。

意識的な“水”のイメージの氾濫と、少々あからさまなラストシーンに代表される部屋やV字通路、エレベータといったある種、隔絶する空間を多様し、それらの蓄積が何事もなかったかのように突如訪れる、ポップな衣装に身を包んだ演者による踊りとアジア然とした音楽と唄。爆笑を誘うリアルな亀頭のかぶりモノは一見の価値アリ。ただ、ツァイ・ミンリャンお得意の間延びしたテンポがやはりまどろっこしい印象は否めず、他作では一定の効果をあげていても、本作でそれが効果的であったのかは甚だ疑問。
| 映画 サ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
クローズド・ノート 23:50
2007年
監督:行定勲
脚本:吉田智子、伊藤ちひろ、行定勲
出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村嘉葎雄

基本的にスタッフやキャストに敬意を払う意味でも、エンドロールが終わるまでは席を立たないよう心掛けてはいるのですが、久々にとっとと帰らせて頂きました。おそらく今年初めてじゃないだろうか。つい先日、ワイドショーにとびきりの燃料を投下された沢尻さんの慇懃無礼な態度も少しだけ納得。こんな映画、仕事とはいえ宣伝したくもないでしょうよ。まあ、だったらはじめから引き受けなさんなって話なんでしょうが。こんな薄っぺらな話に138分も費やすというのは手際が悪いと言う他ない。特に終盤約20分間のしつこさと言ったら筆舌にし難く、かと思えば田中哲司演じる男の存在が知らぬ間にフェード・アウトしていたり、石飛の部屋やメールアドレスをいつの間にか香恵が知っていたり、必要だと思われる描写が、おそらく無意識的に割愛されていたりもする。

一体、この売れっ子映画監督、行定勲という人は岩井俊二監督の下で何を学んできたのだろうか。毎度、表層的な映像美にばかり興味が注がれていて、まるで映画的なカタルシスを感じさせてくれない。またこれは原作、あるいは脚本も問題でもあるのだろうが、竹内結子演じる伊吹先生の虚構丸出しな善人ぶりが逆に白けさせる。しかしながら、それなりの説得力を持たせてしまう竹内結子の美しさはやはり驚嘆に値する。それにしても、沢尻さんが夕暮れの石階段で一人、マンドリンを奏でるシーンには大いに笑わせてもらった。あのギャグに辿り着くための壮大なコントなのだとしたら、この行定という人、侮れない。帰り際、私の心の内を代弁する声が背後から聴こえてきた。
「愛のうたを聴かせてよ」と。
| 映画 カ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
ブロークンフラワーズ 22:48
評価:
Amazonおすすめ度:
哀愁
タバコは禁煙チーバは別 !
終点
2005年
監督/脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、フランシス・コンロイ、ジュリー・デルピー、クロエ・セヴィニー、アレクシス・ジーナ

良し悪しは別にして、まるで神か研究者のように対象を冷徹に観察する近年のガス・ヴァン・サントの視線には体温が感じられず、そのこと自体に共鳴は出来ても、それによって生じる“間”を個人的にはどうしても支持することが出来ずにいます。しかしながら、似て非なるジャームッシュのそれが心地良いのは何故なのかと言えば、やはりそれは退廃的ながらもどこかポジティブで、全体がユーモアのオブラートに包まれているからではないでしょうか。また、『ライフ・アクアティック』の記憶も新しいビル・マーレイ自身がまさしくそうした形容を具現化したような役者であり、このキャスティングによって作品の成功は8割方約束されたようなもの。フレッドペリーのジャージをここまで厭世的に着こなせる奴はそういません。また、あまり好きな女優ではなかったシャロン・ストーンが本作の中では非常にキュートで好感を持ちました。
観終わると、「ああ、アメリカってやっぱり疲れてるんだな」って思いますね。
| 映画 ハ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
<< | 2/13 | >>