愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
仁義なき戦い 広島死闘篇 20:21
評価:
Amazonおすすめ度:
シリーズ最高作でしょう
山中と大友
成田三樹夫につきる
1973年
監督:深作欣二
脚本:笠原和夫
出演:菅原文太、北大路欣也、千葉真一、梶芽衣子、名和宏、成田三樹夫、山城新伍、前田吟、木村俊恵、加藤嘉、室田日出男、川谷拓三、八名信夫、小松方正、志賀勝

シリーズ第2弾である本作。北大路欣也と梶芽衣子のロミオ&ジュリエット的悲恋に怪物・千葉ちゃんが絡んでてんやわんやといった様相を呈しており、前作の主人公・文太兄の露出は控えめ。この破壊へと突き進む物語にはアメリカン・ニュー・シネマのニオイ、影響を嗅ぎ取るべきでしょうか。確かに成田三樹夫氏が渋い。こんな兄貴だったら命を預けたいものです。北大路さんに関しては個人的に『濡れた二人』の脂っこさに仰天したので、本作の山中はまだあっさりとした印象に留まります。あと、千葉ちゃんの台詞は字幕が必要なくらい何言ってんだかさっぱりわからない。

そもそも本シリーズにおけるいわく言いがたい不気味さというのは、誤解を恐れずに言えば戦後間もない広島という舞台、すなわち原爆の爪痕生々しいその凄惨な雰囲気が醸し出す不気味さであり、その地で繰り広げられる血の抗争はどうしたってヤクザ同士の“センソウ”ではなく、“戦争”にならざるを得ない。戦争に行きそびれた山中(北大路欣也)と大友(千葉真一)演じる二人の男はその鬱屈を渡世にぶつける以外手段がなかった。愚かではあろうが、故に山中の末路は涙を誘う。
| 映画 サ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 20:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/97
<< NEW | TOP | OLD>>