愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ファム・ファタール 23:24
評価:
Amazonおすすめ度:
FEMME FATALE
解りにくくエグい
デパルマがやりたいようにやった映画
2002年
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ブライアン・デ・パルマ
出演:レベッカ・ローミン・ステイモス、アントニオ・バンデラス、ピーター・コヨーテ、エリック・エブアニー、エドゥアール・モントゥート、ティエリー・フレモン、グレッグ・ヘンリー、リー・ラスムッセン、フィオナ・カーソン

そのキャリアから大監督と呼んでも差し支えないブライアン・デ・パルマ。そんな彼がこのような、誰が観ても破綻した物語と対峙する姿勢、まるで初めてカメラを手にした映画好きの少年のようなその姿勢に涙がとまらない。純粋だ、どこまでもデ・パルマは純粋だ。

ファム・ファタルとは、すなわち悪女。悪女と言えばフィルム・ノワール。フィルム・ノワールに犯罪は不可欠。男と女、サスペンスとミステリ。ってかミステリじゃねぇし。でもいいじゃない、デ・パルマなんだから。それが“映画”だ、とでも言わんばかりの本作はまさしく映画の喜びに満ちている。そのセンスはかなり古いと言わざるを得ないけど……。でもいいじゃない、デ・パルマなんだから。デ・パルマなんだから。『スネーク・アイズ』だって好きなんだから。

強いて言えば、主演したレベッカ・ローミン・ステイモスのスタイルはいいけど、お顔がどうにも女装したブラピにしか見えなかったのが難点でしょうか。トホホだった東野圭吾氏原作のテレビドラマ『白夜行』、是非デ・パルマ先生の手で『ファム・ファタール2』としてリメイクしていだきたい。
| 映画 ハ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 23:24
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/96
<< NEW | TOP | OLD>>