愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
レミーのおいしいレストラン 00:37
評価:
Amazonおすすめ度:
大人が楽しめます
2007年
監督:ブラッド・バード
脚本:ブラッド・バード
原案:ブラッド・バード、ジャン・ピンカヤ
声優:パットン・オスワルト、ルー・ロマーノ、ブライアン・デネヒー、ブラッド・ギャレット、ジャニーヌ・ギャロファロ、イアン・ホルム

しかしピクサーってのはホントにすごい会社ですよね。老若男女が楽しめる上質なエンタテインメントを作り続けるその一貫したスタンスには毎度感銘を受けます。無論、そこには計り知れない努力と予算が費やされているのでしょうが。本作もまたその例に漏れず、CGアニメのクオリティーは一級品。いかにも漫画的なキャラ設定や展開運びもこれだけ丁寧に作りこまれていれば文句はありません。むしろ天晴れ。物語は天才的な料理センスを持つネズミの平野レミーが、ボスボロットみたいに無能な若者リングイニ君にパイルダー・オンして大活躍するというもの。

余談ですが、けっこう混雑していた劇場内、私の隣に座った森三中大島似のレディと男性のカップルが上映開始後間もなく、トウモロコシの爆ぜた香ばしいヤツを親の仇のようにむさぼり喰い、ストローをズズズいわせて正体不明の汁をすすり、ばかりか携帯を落とすわ鍵を落とすわ終始落ち着かない。まあ、劇場側が販売してけつかるんだからしゃーないわけですが、ガラ空き時はまだしも、混雑時くらいはもう少し隣近所に配慮してくれてもいいんじゃないかと感じた次第。作品が作品だからチビッコだって多いんだし。劇場によってはピザとかチリドッグとか販売してるところもありますでしょう。あれはホント勘弁してくれませんかね。密室だと凄まじい匂いですから。

閑話休題
そんなわけで序盤はあまり没頭できなかったわけですが、それでも徐々に物語に誘いこまれ、クライマックスのネズミ総動員大作戦では心も踊り、そこだけでも何度も観たいと感じられ十分に満足。ただ一点、どころか二点、三点気になった箇所があったのも事実で、例えば駄目見習いのリングイニ君が終盤、内海君顔負けの巧みなローラースケートで唯一とも言える見せ場をつくるわけですが、あの唐突感はいかがなものかと。何の取り柄も無いかに思えた彼の意外な才能なわけですから、軽く伏線を配置する余裕が何故なかったのでしょうか。レミーが最終的に選択する料理ラタトゥイユにしても、酔ったリングイニが他愛もなく口走っただけで(しかもそれをレミーは聞いていないはず)、いまひとつ説得力に欠ける。これに関してもレミー自身のこだわりを明確にする描写が事前に欲しかった。
と、欲を言えばきりがありませんが、ピクサーへの期待も込めて。



| 映画 ラ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 00:37
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/86
<< NEW | TOP | OLD>>