愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
サマリア 21:59
評価:
Amazonおすすめ度:
幼さは美しく、そして時に罪
良かった
やり場の無い怒りが十分に表現された作品
2004年
監督:キム・キドク
脚本:キム・キドク
出演:クァク・チミン、ソ・ミンジョン、イ・オル

う〜ん、世評は高いようですがどうなんでしょう。前半30分くらいは少女二人の奇妙な関係が描かれいてそれなりに面白かったんですが、そこから急転直下の『積木くずし』みたいな父娘の話に移行して以後、モチーフや脱輪のエピソードなんかがあまりにも直球すぎて逆に冷めちゃいましたね。役者さんは好演していらっしゃったと思いますけど。特にすぐ死んじゃったソ・ミンジョンちゃんはご立派。

高尚なテーマを滲ませたい気持ちはよく理解できるんですが、それだったらもっと巧妙に隠してくれなきゃ乗れませんて。剥き出しのまま記号が記号として放り出されているものだから、なるほどその突き放した心理描写のわりに込められたメッセージは与し易い。でもそれじゃあまりに芸がない。言葉一つで伝わるような教訓を込める必要性もちょっと理解し難いですかね。

親父さんも他人を殴る前にまず娘をどつくべきでしょう。話はそこからだろう、と。このギドク監督もアレですね、ある程度の抑圧が必要なタイプのようです。まずタイトルを『女子高生 どきどきドライブ04』とかに改題し、プロデュースを朝倉大介氏に依頼するところから始めたらいかがでしょうか。今更、仙頭武則系はいかがなものかと。

どっかで同じような感想を抱いたなぁと記憶の糸を辿っていると、最近だと瀬々敬久
監督の『ユダ』なんかがそうでした。あちらも寓意性が露骨過ぎて鼻白んだ覚えがあります。教条的な姿勢がどうにも空回りした印象ですね。一つ一つの描写が悪くないだけに、惜しい作品となっています。ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したそうですが、ホント好きですね、映画祭関係者ってこういう“深淵”な作品が。



| 映画 サ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 21:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/84
<< NEW | TOP | OLD>>