愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ヤクザタクシー 893TAXI 15:30
1994年
監督・黒沢清
脚本・釜田千秋/黒沢清
出演・豊原功補、森崎めぐみ、大森嘉之、寺島進、諏訪太郎

個人的に黒沢清監督については、この前後から『蛇の道』『蜘蛛の瞳』あたりまでの量産作家時代に強い愛着があります。以降、いわゆるJホラーの雄としての力量に疑いの余地はないまでも、その剥き出しな“作家性”とは裏腹に監督自身がしばしば言及されるトビー・フーパーやジョン・カーペンターのような娯楽映画群から徐々に迂回してしまっているというその言行不一致な態度に、世界でもトップクラスの才能であるが故にやきもきさせらる存在としてこれまで意識的に距離を置いてきました。

『LOFT』が映画の求道者、あるいは指導者宣言であったと解釈するなら、やはり黒沢監督は映画について少し知りすぎてしまったのではないでしょうか。そうであるからこそ身動きがとりずらくなり、業界の評判と反比例するかのように製作ペースも徐々に落ち込み、観客と正対することを極力避けているようにも感じられる。

もっと言えば国内外を問わず、批評家や一部のシネフィルだけをターゲットにしているのではないかというあざとさ、したたかさへの疑惑や、映画史に名を連ねる準備(って絶対に残ると思いますけど)を着々と進めているのではないかと意地悪な勘繰りをしてみたくもなります。

それに比べて本作の肩の力の抜け具合はどうでしょう。Vシネマという抑圧と自由度のバランスが巧妙に黒沢監督の魅力を引き出しています。自説を展開させてもらうなら、やはり作家性の強い監督はある程度の縛り、抑圧が必要なのだと再認識させられます。

解散したタクシー会社を再び誠二(豊原功補)が訪れ、加奈子(森崎めぐみ)と再会し押し問答するくだり。誠二が怒って破れたクッションを叩きつけると中の羽が一斉に舞い、それに反撥する加奈子が叫ぶと天井から錆びたチェーンがドサリと落ちてくる。このシーンがとりわけ素晴らしい。軽妙なスラップスティックとしても機能している草原でのクライマックスもまた言うに及ばず、いずれも黒沢的としか言いようのない特徴的な演出を存分に堪能することが出来ます。助監督に名を連ねる青山真治氏にも思わずニヤリ。



| 映画 ヤ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 15:30
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/71
<< NEW | TOP | OLD>>