愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
野良猫ロック・ワイルド・ジャンボ 23:07
評価:
Amazonおすすめ度:
待望のDVD発売!
1970年
監督 藤田敏八
出演 梶芽衣子、藤竜也、范文雀、地井武男

本作は野良猫ロックシリーズの第2作目。
物語はともかく、70年代っていい意味で無茶苦茶な作品が多いですよね。本作もその例に漏れずやりたい放題の連続です。無軌道に生きる若者たちが宗教団体の資金を強奪するというのが本筋なんですが、あまり真剣に描こうという気はないようで、単純に当時の風俗なんかも織り交ぜながら、劇中で拳銃をぶっ放したかっただけなんじゃないでしょうか。

地井さんもまだまだお若くて、まさか本人も数十年後に「50、80喜んで」なんて言わされるとは夢にも思わなかったでしょう。そうしてみると藤竜也さんの印象があまり変わっていないのは驚異的ですね。

和田アキ子さんも前作からの繋がりでゲスト出演していらして、ソウルフルな歌声を披露してくれます。それがまた悔しいことに結構ナウいんですよね。70年代の文化が時折リバイバルされる現象はよく理解できますが、どう間違ってもバブル真っ只中の80年代が見直されるなんてことはないでしょうね。精々『バブルへGO!』みたいなネタにされるのが関の山でしょう。中学生当時、『トゥナイト』で特集されていたジュリアナ東京に象徴される浮かれ風潮を唾棄し、夜中テレビに向かって罵倒していた(心の中でですよ)のを思い出します。そんなジュリアナ東京の主催者がコムスン騒動で生き恥を曝しているのを見て、快哉を叫んだりしては絶対にいけないのであります!

『やまだかつてないテレビ』『MOGITATE!バナナ大使』『夢がMORIMORI』等々、数え上げれば枚挙に暇がありませんが、幼心に「くっだらねぇ」と白い眼で毎週見ていた気がします。あまりバブルの恩恵を享受した記憶がない者にとっては嫌な時代でしたね。なんでこんな話をしているのかと言うと、昨日、偶然見た『笑っていいとも』に山田邦子さんがゲスト出演していらして、当時の「なんでこんなツマラナイ人がいっぱいテレビに出ているんだろう」という至極当然の疑問、及び行き場のない怒りが再燃したからです。森脇健二さん、森口博子さんはお見かけしなくなりましたね。中山ヒデちゃんはまだ健闘されていますが……。

ここは野良猫ロックよろしくライフル片手に「お寒いテレビタレントは消えてなくなれ!」などと叫びながら局内で銃乱射をしたりしては絶対にいけないのであります!いけないのであります!
乗客に日本人はいませんでした!
| 映画 ナ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 23:07
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/46
<< NEW | TOP | OLD>>