愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ホワイトルーム 22:54
原作・重松清氏、脚本監修・荒井晴彦氏の『愛妻日記』シリーズ。
鑑賞済の記事はこちら。『煙が目にしみる』『愛妻日記』
本作の監督は『いたいふたり』を撮った斎藤久志さん。

若干の不満は残るものの、それを差し引いてもかなりの傑作ですね。
新築のモデルルームを購入した、とある(新婚?)夫婦の話なんですが、夫は小さな悩みを抱えている。それは何かと言うと妻がリコーダーを吹いてくれないというもの(お察しください)。おまけに妻の法螺貝も吹かせてはくれません。
結構どうでもいい話なんですが、当事者としては深刻でしょうね。

ある時、プライベートでも付き合いのある会社の後輩が一本のアダルトビデオを借りてくる。するとそこには先輩、つまり悩める夫の新居が映っています。と言うのも、家具付きのモデルルームをそのまま買い取っているのでソファから寝室のベッドまで、何から何までが瓜二つ、疑いようがないわけです。後輩は悩める夫に報告し、ビデオを又貸しします。

そのアダルトビデオの内容も本編でクローズアップされており、さながら劇中劇のよう。バクシーシ山下かカンパニー松尾を思わせるつくりだなぁとぼんやり観ていると、ホントにカンパニー松尾さんが撮影、出演(というかカラミ)をされていて吃驚仰天。

それはともかく、そのAVの内容をまずはご説明しましょう。
まず、出演希望の電話をかけてきた女性に会うため、松尾氏が公園に出向きます。女性はあからかじめ指示された通り、幼い頃の自身と彼女の母親が映った写真を持参している。と言うのも、事前の電話によるやりとりの中で、松尾氏は女性の心に何か引っ掛かるものを感じ、それはどうやら厳格な母親の存在であるらしいことを悟っているわけです。で、松尾氏と女性は夫婦が購入する前のモデルルームでAVの撮影を決行する。

肝心の夫婦に話を戻すと、ある夜、遂に夫は妻にリコーダー演奏を懇願し、妻も渋々それに応じるのですが、舞い上がってノリノリになってしまった夫に妻はブチ切れ、と言うより号泣して寝室を飛び出します。その夜以来、夫はいじけモードに突入。

数日後、酔った後輩をマンションに送り届けた悩める夫。後輩は酔った勢いで「うちの嫁はリコーダー演奏が上手いんですよぉ」などと軽く自慢。どころか「先輩は奥さんがしてくれなくてかわいそうなんだ。おいお前、してあげなさい」などと爆弾発言。悩める夫は妊娠中である後輩の奥さんに尋ねます。君はどうしてアレが平気なの、と。奥さんは答える。
「だって好きな人のだもん」
この答え、さらには屈託のない表情が完璧なんですね。物語は夫を中心に展開されていくんですが、どこか女性的な視点だなぁと思っていたら、やはり脚本は女性の方でした。

その夜、遅い帰宅をした夫がシャワーを浴びている隙に、妻は例のAVを発見し、あまつさえ再生して内容を確認します。で、風呂上がりの夫を問いつめる。険悪な雰囲気となるものの、開き直ってよく観てみろ、と夫。そこでようやく妻もAVの現場がまさに自分たちが今座っている場所であることに気づく。

夫はAVの内容をかいつまんで説明します。つまり厳格な母親の存在を引きずったまま(何の因果関係があるのか知りませんが)性に対してオープンになれずにいる女性が、松尾氏の荒治療によって魂の開放をされていくものなのだ、と。放心する妻。夫はハンディカムを廻してそんな妻を撮影する。厭がりながらも、妻はポツリポツリと告白します。何故そんなにもアレが嫌なのかを。

ここまでの展開自体は悪くないんですが、この一種のトラウマ告白がいかにもとってつけたような印象で、せっかくのクライマックスに少々水を差しているように思うのですが、どうでしょう。そんなに大仰な原因がなくても嫌がる女性だって一定以上いるでしょうから、別に必要なかったんじゃないかとも感じるんですよね。AVの内容と無理矢理シンクロさせたかったんでしょうが、この一点がなければほぼ言う事無しだったので残念です。

夫役を演じた俳優さんは冴えない感じを好演していますし、妻役のともさと衣さんもとびきり美人じゃない感じ(ごめんなさい)が素晴らしい。

それにしても、カンパニー松尾氏にしろバクシーシ山下氏にしろ平野勝之氏にしろ、ある種の突き抜けたAV監督というのはセックスという究極のアプローチで不特定多数の人間と対峙し、その中で純度の高い“人間の恥部”を暴き出すことに長けているわけですが、AVという低俗なジャンルであるが故に、逆説的に鋭利さを増し、それは時に凡百のフィクション、ドキュメンタリーを凌駕してしまうこともしばしば。

彼らの手段は決して健全ではありませんが、そうであるからこそ、より人間の本質に肉迫していると思いますね。かと言って仰々しく評価するのもどうかと思いますが。
| 映画 ハ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 22:54
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/37
<< NEW | TOP | OLD>>