愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
アポカリプト 14:28
評価:
Amazonおすすめ度:
家族愛がテーマ?
元アクション俳優が撮った完璧なアクション映画
で、なにを描きたかった?
監督:メル・ギブソン
脚本:メル・ギブソン、ファルハド・サフィニア
出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・エルナンデス、ジョナサン・ブリュワー、モリス・バードイエローヘッド、ラウル・トゥルヒロ、ジェラルド・タラセナ、ロドルフォ・パラシオス

もう『悪魔のいけにえ』くらいなら笑って見ていられるんですが、これは怖い。超怖い。人間の根源的な恐怖心(本作はそれを克服する物語でもあるのですが)に訴えかけてくると言いますか、人権のジの字もない社会の恐ろしさ、理屈の通用しない世界、そういったものが物語後半、怒涛のように押し寄せ、我々観客の精神を疲弊させます。

ところで、そんな物語の構造は至ってシンプル。しかしシンプルであるが故に、例えば父親を殺された本作の主人公ジャガー・パウと、彼に息子を殺された傭兵部隊のボスとの対決(またその決着のつけ方も伏線が活かされておりお見事)など、どこか物語は神話性、あるいは寓話性を帯びています。このことも含めてメル・ギブソン監督の前作がキリストの受難を描いた『パッション』であったことを鑑みれば納得というもの。

そうした物語の根底に流れる深刻なテーマがあるにはあるのですが、そんな事を忘れさせてしまうほど、緊張感に手に汗握るアクション映画としての出来が素晴らしい。こんなに主人公を応援したのはいつ以来でしょうか。また彼がいい男というか、いい顔するんですよね。的確な描写、且つ必要最小限の説明、とても第2作目とは思えない良い仕事をされています。メル・ギブソン監督の今後の活躍に期待大。
| 映画 ア行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 14:28
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/148
<< NEW | TOP | OLD>>