愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
トラック野郎 御意見無用 22:38
評価:
Amazonおすすめ度:
伝説が始まった
笑いと感動です
1975年
監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文、澤井信一郎
出演:菅原文太、愛川欽也、春川ますみ、中島ゆたか、夏純子、佐藤允、夏夕介、湯原昌幸、鈴木ヒロミツ、安岡力也、誠直也、小林千枝、芹明香、大泉滉

公開当時、まだ私は生まれてすらいないわけですが、このキンキンの可愛さったらもう!橋本弁護士並に7人も子供を養い、「なあ、かあちゃん」と相好を崩して笑うあの顔!きっとうつみ宮土里にはあんな笑顔見せたことないはずだ。鈴木則文監督のパワフルな演出手腕は以外にも(失礼)しっかり発揮されていて、ラブコメやら捨て子騒動やら、一体なんの話なんだか判然としないごった煮状態の物語をまさしく力技で90分に閉じ込めているのはさすが。DVDに収録された予告編にある、同時上映『女必殺拳 危機一髪』(主演:志穂美悦子)の文字が泣かせる。こんな濃い映画を二本立で観ていた当時の人は幸せだ。二本立興行はともかく、二番館、三番館文化の復活を望む。

| 映画 タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 22:38
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/142
<< NEW | TOP | OLD>>