愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
マーダー・ライド・ショー 19:07
評価:
Amazonおすすめ度:
単にダメ映画
この監督が好きな人だけ見ればいい。
単純なホラーや映画しか見てこなかった人は見ないほうがええ
2003年
監督/脚本:ロブ・ゾンビ
出演:シド・ヘイグ、ビル・モーズリイ、シェリ・ムーン、カレン・ブラック、クリス・ハードウィック、エリン・ダニエルズ、ジェニファー・ジョスティン、レイン・ウィルソン、トム・タウルズ、ウォルト・ゴギンズ 、マシュー・マクグローリー、ハリソン・ヤング

熱心なホラーファンを公言する監督にかぎって、必ずと言っていいほど『悪魔のいけにえ』や一連のロメロゾンビ作品を神格化しますけど、もういいんじゃないですかね、そういう常套句。無論、映画史に名を残す作品であることに異論はありませんが、オマージだのリスペクトだの言ったって本作をはじめ、いずれも家元の縮小再生産という印象に落ち着いてしまうのだから。辟易するような既視感溢れるエピソードやキャラクターの羅列は、決してオマージュという言葉が万能の免罪符ではないことを証明しています。そもそもこのジャンルって非常に匙加減が難しく、ましてデビュー作ともなるとファンとして期待するのは小手先の器用さではなく、未知数の潜在能力を感じたいわけで……。その点、本作には辛うじて冒頭の悪趣味なアナログ・アトラクション・ツアー(是非ディズニーランドに設置すべき)、と警官に銃を向けた際の長い間に、ほんのりとその片鱗が窺えるのでした。
| 映画 マ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 19:07
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/141
<< NEW | TOP | OLD>>