愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ユナイテッド93 17:03
評価:
Amazonおすすめ度:
21世紀の幕開け
心に空いた穴の大きさは
真実は依然「藪の中」だが
2006年
監督/脚本:ポール・グリーングラス
出演:デヴィッド・アラン・バッシェ、リチャード・ベキンス、スーザン・ブロンマート、レイ・チャールソン、クリスチャン・クレメンソン、ハリド・アブダラ、ルイス・アルサマリ、ベン・スライニー、ジェームズ・フォックス少佐、グレッグ・ヘンリー

“9・11”という現代アメリカ最大のトラウマを扱うにあたり、極力、製作者側の主観を排除することに腐心した形跡は窺えるし、それは最大限果たされていると思う。誰も傷つけない、どこからも文句を言わせないようにするには、この選択しかなかったのかもしれず、政治的な配慮、ある種のしたたかさは完璧であった。そういった意味であの事件の記憶、誤解を恐れずに言えばあの“興奮”をまざまざと蘇らせてくれる資料的価値というのは大いにあるだろう。ただ、やはり良くも悪くも出来のいい“再現ドラマ”との印象は否めない。しかしながら、それが本作の価値を下げている本質的な問題なのかといえば、それも違う。

そもそもポール・グリーングラス監督は、本作が100年後も映画史に燦然と輝く傑作たりうるものだとはさらさら考えていない筈で、仮に本作が良く出来た再現ドラマだからと言って、その批判は的の端を射抜く程度だろう。おそらく、彼がやっていなければ、いずれ他の誰かがこのような作品をつくったであろうことは容易に想像つく。すなわち、陳腐な言い方をすれば時代の必然であり、むしろ5年の歳月を経てようやくアメリカはあの事件と正対する覚悟を決めたのではないか。そう考えると、“映画”としてこれ以上の要求はすこし酷な気がしてくる。ともかく、風化するということはさすがにないと思うが、テロ特措法で紛糾する今だからこそ、本作はさっさとテレビ放映でもした方がいい。
| 映画 ヤ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 17:03
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/140
<< NEW | TOP | OLD>>