愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
楽日 17:19
2003年
監督/脚本:ツァイ・ミンリャン
出演:チェン・シアンチー、リー・カンシェン、三田村恭伸、ミャオ・ティエン、シー・チュン、ヤン・クイメイ、チェン・チャオロン

眼前に横たわる現実、すなわち老舗映画館の閉館という現実が先にあり、それを追走するかたちでつくられた作品である、という予備知識はあるにはあった。が、さしてセンチメンタルな気分にさせられるでもなく、いかにもツァイ・ミンリャンらしいテンポで綴られていくそれは、90分という時間が果たして必要だったのだろうか。仮に30分であったとしても、彼ほどの力量を持つ監督であるなら、より鋭利さを増したものをつくれたような気がしてならない。通俗性を拒否しながら、世界基準としての商業映画の尺に縛られているのは、ある種ダブル・スタンダードな態度とは言えないだろうか。それすらも破壊する気概を見せてほしかった。
| 映画 ラ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 17:19
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/134
<< NEW | TOP | OLD>>