愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ブロークンフラワーズ 22:48
評価:
Amazonおすすめ度:
哀愁
タバコは禁煙チーバは別 !
終点
2005年
監督/脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、フランシス・コンロイ、ジュリー・デルピー、クロエ・セヴィニー、アレクシス・ジーナ

良し悪しは別にして、まるで神か研究者のように対象を冷徹に観察する近年のガス・ヴァン・サントの視線には体温が感じられず、そのこと自体に共鳴は出来ても、それによって生じる“間”を個人的にはどうしても支持することが出来ずにいます。しかしながら、似て非なるジャームッシュのそれが心地良いのは何故なのかと言えば、やはりそれは退廃的ながらもどこかポジティブで、全体がユーモアのオブラートに包まれているからではないでしょうか。また、『ライフ・アクアティック』の記憶も新しいビル・マーレイ自身がまさしくそうした形容を具現化したような役者であり、このキャスティングによって作品の成功は8割方約束されたようなもの。フレッドペリーのジャージをここまで厭世的に着こなせる奴はそういません。また、あまり好きな女優ではなかったシャロン・ストーンが本作の中では非常にキュートで好感を持ちました。
観終わると、「ああ、アメリカってやっぱり疲れてるんだな」って思いますね。
| 映画 ハ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 22:48
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/124
<< NEW | TOP | OLD>>