愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ 19:48
評価:
Amazonおすすめ度:
精神的と生理的
恐るべし・・・・岩井志麻子
従来のホラーとは違う怖さ
2005年
監督:三池崇史
脚本:天願大介
出演:工藤夕貴、ビリー・ドラゴ、美知枝、根岸季衣、岩井志麻子

これをTV用に製作したという事実が一番恐ろしいわけですが、本作は三池的ホラー(とい言うか痛ギモ系)の一つの頂点と考えてよろしいかと。原作が問答無用の傑作であることは言うまでもありませんが、多少のアレンジが加えられつつも、ここまで映像向きの題材だとは思いもよりませんでした。原作ではネイティブな岡山弁が独特のおどろおどろしい雰囲気を醸し出していたわけですが、『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』同様、全編英語で貫かれた本作はそんな瑣末な問題をものともしない次元に突き抜けてしまっている。参りました。ああ、60分程度の尺でよかった。こんな世界観にこれ以上浸っていたらそれこそ地獄に落ちそうです。きょうてえ、きょうてえ。
| 映画 ア行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 19:48
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/113
<< NEW | TOP | OLD>>