愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
怪奇!!幽霊スナック殴り込み! 16:58
評価:
Amazonおすすめ度:
怪作!!!
J太郎ワールド最高!
タイトルにやられた!
2006年
監督/脚本:杉作J太郎
出演:タナダユキ、島口哲郎、リリー・フランキー、上本輝雄、古澤裕介、横山剣(クレイジーケンバンド)、みうらじゅん

こうしたウ●コ然としたものは、きちんとウ●コとして扱うべきでしょうね。呑み屋の与太話としては面白いし、実際笑えるシーンも多々ありますし、撮影現場に居合わせたら腹がよじれるでしょうが、サブカル・ヒーロー勢揃いといった本質からかけ離れたセールス・ポイントで闇雲に持ち上げるのはいかがなものかという気はします。

しかも計算ずくの失敗なのでちっとも突っ込む気になれないところがちょっとつまらない。このあたり大仁田監督の『Monja』は素晴らしかったんですけどね。馬鹿映画は本当の馬鹿にしか作れません。よって本作はおバカを装った悪ふざけ。せめて撮影や照明ぐらいはプロに任せてもよかったのではないでしょうか。(映画のフリをするという意味でも)
| 映画 カ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 16:58
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/112
<< NEW | TOP | OLD>>