愛の巴投げ無節操で無責任な映画レビュー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
デス・プルーフ in グラインドハウス 16:25
2007年
監督/脚本:クエンティン・タランティーノ
出演: カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シドニー・ターミア・ポワチエ、ゾーイ・ベル、マイケル・パークス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ヴァネッサ・フェルリト、ジョーダン・ラッド、トレイシー・トムズ

たしか中島らも氏のコピーだったと思いますが、「B級は永久だ」なんてのがかつてありました。謳い文句としては傑作ですけど、ことさら声を大にしてそう叫ぶ必要性ってあるんでしょうか。それほど混雑していなかった劇場内、エアコンの風が直撃する座席だと知り移動しようかどうか迷っていると、間もなく50代後半乃至60代前半とおぼしき年配のご夫婦が入場されました。その瞬間、直感的に「あ、マズイ」と思ったのです。

「THE END」のマークがスクリーンに映しだされると、その夫婦は場内の誰よりも早く席を立って退場されていきました。その背中は寂しそうで、お二人の頭上に大きな疑問符が浮かんでいるのを私は見逃さなかった。そう、予感は現実のものとなったのです。あの時、「駄目ですよ、こんなの観ちゃ。『ラッシュアワー3』か『TAXI4』にでも変更したほうがぼかぁいいと思うなぁ」そう助言していれば……。すべては後の祭り。タランティーノは罪な奴だ。私はこの場を借りてご夫婦を代弁し、タラちゃんにはっきりと苦言を呈したい。

まずこれはご主人の怒りだ!
「やい、誰もがエクスキューズを受け入れてくれると思ったら大間違いだぞ!そしてそれを馬鹿丁寧に最初に断る注意書きもみっともないぞ!←(これは配給会社に)」

それからこれが奥さんの分!
「ガールズトーク?アァハァン。おおいに結構ね。でもアンタ、基本的に下ネタオンリーってのは些か下品に過ぎるんじゃありませんこと?例えば『パルプ・フィクション』のおしゃべり、特にサミュエル・L・ジャクソンとトラボルタ、あるいはトラボルタとユマ・サーマンの会話が輝いていたのは背景に深刻な事態が転がっていたからこそで、こんなトークとアクションが完全に隔絶したものを一体どう楽しめばいいと?それこそ柳原可奈子の芸じゃないけど、電車に乗ってギャルの会話に耳をそばだてていたほうがよっぽど面白くってよ」

ふぅ……。じゃあ、気持ちを切り替えて私の率直な感想を述べたいと思います。まず、奥様がおっしゃっていたように、本作の大部分を占める他愛もない会話が総じて面白くないんですね。仮にこれが吹替えだったら、安っぽさが強調されてまた印象も違ったかもしれませんけど。はっきり言って前半30分から40分、正確に言うと最初の犯行が行われるまでは寝ていても構いません。ドッカーンって聞こえたら驚いて飛び起きましょう。

しかし終盤のカーアクション&スタント(トリックがないのだとしたら、かなり凄い。しかも減速するなり、降りるタイミングも結構あっただろうとか突っ込みつつ)はなかなかの見応えがあって、逆に追い詰められるカート・ラッセルの無様さも笑えます。エピローグのない、投げ槍で唐突な終わり方も潔くって嫌いじゃありません。が、『キル・ビル』といい本作といい、お遊びはこれまでにしていい加減タランティーノの“本気”をみせて欲しい、そう思うのは私だけでしょうか。ここまではお祭りとして割切るにしても、ホント『ジャッキー・ブラウン』で見直したんだけどなぁ。ロドリゲス監督の『プラネット・テラー』に期待しましょう。
| 映画 タ行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by helmetbros -
スポンサーサイト 16:25
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://untruthdiary.jugem.jp/trackback/101
<< NEW | TOP | OLD>>